株式会社小樽スロゥスタイル
株式会社小樽スロゥスタイル

隣の芝は青く見える / 芝と子供には目配りを怠らない

   ブログ 

家を建てたら一度は芝生にあこがれチャレンジしますよね。でもかなりの方が1‐2年で諦めるケースが多いようにお見受け致します。

芝は子供と一緒で手間暇愛情をかけてあげないと、すぐにグレて悪い仲間に感化されてしまいます。

私は約20年芝と戯れ、語らっておりますので是非皆様にルーチンワークをご披露したいと思います。

但し我が家は北海道小樽ですので地域差があることはご承知ください。

【カット】これが一番重要 怠ると悪い仲間に浸食されます 早いと半年でダメになります 併せて雑草取りもね タンポポ厳禁!

4月 9月 10月 カット / 2週間

6月 7月 8月     カット / 1週間   活発期 手間暇を惜しまず鼻歌でも歌いながら 

【肥料】出発前夜5月GW 栄養補給7月初旬 疲労回復9月中旬 年3回を目安

【エアレーション】芝の根が伸びるスペースを作る 水や肥料の浸透を良くする

5月 7月 9月 肥料と同じタイミングで

【目土】肥料と同じタイミングで

【その他】枯葉などがあると元気がなくなるので、その時は芽かきするといいかも

以前はこれに加えて芝の種を目土と一緒にやっていたが成果がもう一つなのでやめました 値段も高いしね

 

とにかく一番面倒で重要なのがカット、最盛期はできれば週1、最低でも10日に1回ですよ

そうすればグレずに良い子ですくすく育ちます

関連記事