株式会社小樽スロゥスタイル
株式会社小樽スロゥスタイル

甘い物を食べる時はきな粉と一緒に食べるべし 理にかなったSHINGEN効果

   ブログ 

年末に見たTBSの番組で“太りたくないけど甘い物が食べたい”ひとには交換食材として“きな粉”が良いと放送しておりました。

少し詳しく解説しますと、ご承知のように カロリーとは 糖質 脂質 たんぱく質の合計ですが、タンパク質は太る原因にはならず、むしろ筋肉を作る材料になる為、脂肪燃焼につながる大切な食材となります。

又食物繊維は脂質と糖質の吸収を抑えてくれるので、“太りたくないけど甘い物を食べたい”という場合はタンパク質と食物繊維が豊富な食材を選べば良いということになります。

甘い物を食べる時はきな粉を一緒に食べると良い

大豆からできているきな粉には豊富な食物繊維が含まれており、糖質や脂質の吸収を抑えてくれる効果があります。

甘い物を食べたいけど、太りたくない。そんな方はきな粉を甘い物と交換条件として一緒に食べることをお勧めします。目安は大さじ2杯です。

さらに近年は黒豆から作るきな粉が栄養豊富で大人気とあります。

これから考えると、SHINGENはまさにダイエットにも最適な健康茶である事が想像できますね。

 

正月太り、むくみは SHINGENで解消!!しましょう

関連記事